色収差とは?


色収差とは、レンズで像をつくるときに光の波長によって像にずれ(色ずれ)を生じることです。
同じレンズを用いてもレンズの屈折率は光の波長によって異なるため、色によって焦点距離に差が生じます。
そのためレンズを通して見た時に像を結ぶ位置がずれボケが生じます。

色収差 <色収差が起こっている状態>
青・赤・緑が焦点を結ばずに
バラバラにうつっている状態

色収差を抑えるために数種のレンズを貼り合せたアクロマートレンズなどがあります。
そのレンズを用いて、色収差をできるだけ少なくすることはできますが完全に防ぐことはできません。


テクニカルサポート