Home > 身近なものを見る > クローンはパンドラの箱か?

クローンはパンドラの箱か?

■クローンはパンドラの箱か?■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
マイクロスコープ・実体顕微鏡の松電舎スタッフ、西田です。
今回のブログのテーマは「クローンはパンドラの箱か?」です。

クローン羊のドリー、少し記憶にある方もいらっしゃるかと思います。
1996年に初めて成功したクローン羊です。

6歳の羊の乳腺細胞。そしてもう一匹、雌の羊の卵子。
無核卵子に培養乳腺細胞をシャーレで接合させ、電気刺激を加えることで細胞融合を促しました。
そうして生まれた新細胞が…受精卵のようにふるまいはじめました。
そしてもう一匹の羊の子宮にこの胚盤胞を入れて妊娠した結果…5ヶ月後にドリーが誕生したのです。

このドリーは乳腺細胞を持っていた羊と同じ遺伝子を持っています。つまり、クローンなのです。

クローン羊ドリーは世界中に「クローン」とはなにか?という疑問を投げかけました。
医療的に役立つだろうと言う観点もありますが、倫理的な面でクローンは禁止すべきだという声もあります。

科学は進歩します。
それがたとえ開けてはいけないパンドラの箱であっても…人間はそれを開けてしまうのです。

科学は人間の心の持ち方によっては悪にもなり、善にもなると言えるのです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マイクロスコープ専門サイト ☆twitter
マイクロスコープ・実体顕微鏡販売松電舎松電舎Englishサイト
────────────────────────────
〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西1-8-24 アインズビル梅田513号
Tel: 06-6292-8550   Fax:06-6292-8551
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメント:1

****** 15-02-14 (土) 12:45
このコメントは管理者の承認待ちです
コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://www.shodensha.net/blog/archives/1038/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
クローンはパンドラの箱か? from マイクロスコープ専門サイトのスタッフブログ

Home > 身近なものを見る > クローンはパンドラの箱か?

検索
フィード
メタ情報

Return to page top