マイクロスコープ何でも辞典

知ってるようでじつは知らない?! マイクロスコープなんでも辞典


Question ドリルの刃先観察のコツ

Answer

金属加工品は白飛びの部分と影の部分の差が激しく、研磨面、メッキ面は特に工夫が必要です。
さらに凹凸、R面があるとさらに難しくなります。

一つの例として、ドリルの刃先(凹凸、R面があります。)を(1)照明、(2)カメラ、(3)背景色、(4)オプションを変えて、見え方の違いを確認しました。

ドリル φ1.8mmのドリルの刃先


 
<観察例1>  
ドリルの刃先 (1)照明 
FZ300PC2 標準 80灯LEDリング照明
(2)カメラ
FZ300PC2 標準 300万画素USBカメラ
(3)背景色
黒色
(4)オプション
無し

*金属等の明るい部分は白飛び、
暗い部分は完全な黒色になります。


 
<観察例2>  
ドリルの刃先 (1)照明
FZ300PC2 標準 80灯LEDリング照明
(2)カメラ
FZ300PC2 標準 300万画素USBカメラ
(3)背景色
白色の背景
(4)オプション
無し

*背景が白いだけでも背景に反射した光が回り込むので黒色背景より見やすくなります。
ハレーションはかなり抑制できていますが影の部分が見えません。


 
<観察例3>  
ドリルの刃先

(1)照明
FZ300PC2 標準 80灯LEDリング照明
(2)カメラ
FZ300PC2 標準 300万画素USBカメラ
(3)背景色
白色のV字型背景
(4)オプション
無し

※背景の白色の紙をV字にすることで、さらに光が回り込み見やすくなります。
  V字


 
<観察例4>  
ドリルの刃先 (1)照明
FZ300PC2 標準 80灯LEDリング照明
(2)カメラ
FZ300PC2 標準 300万画素USBカメラ
(3)背景色
白色
(4)オプション
レンズと照明それぞれに偏光フィルタを追加(ハレーション除去セット
  偏光フィルタ


 
<観察例5>  
ドリルの刃先 (1)照明
アーチ型照明に変更
(2)カメラ
FZ300PC2 標準 300万画素USBカメラ
(3)背景色
白色
(4)オプション
無し

※アーチ型照明は反射する円柱を見るための特殊な間接照明です。
  ドーム型照明


 
<観察例6>  
ドリルの刃先 (1)照明
アーチ型照明に変更
(2)カメラ
FZ300PC2 標準 300万画素USBカメラ
(3)背景色
白色のV字型背景
(4)オプション
無し

※影の部分も白飛びの部分もなくなり、非常に綺麗に撮影できます。
   
別の方法として
ハレーション抑制機能(明るさ平均機能(HDR機能))があります。
(カメラに付属する機能です。カメラにより有るもの、無いものがあります。)
   
<観察例7>  
ドリルの刃先 (1)照明
FZ200HD2 標準 80灯LEDリング照明
(2)カメラ
FZ200HD2 標準 ハイビジョンカメラ
(3)背景色
白色
(4)オプション
無し
※明るさ平均機能 OFF
   
<観察例8>  
ドリルの刃先 (1)照明
FZ200HD2 標準 80灯LEDリング照明
(2)カメラ
FZ200HD2 標準 ハイビジョンカメラ
(3)背景色
白色
(4)オプション
無し
※明るさ平均機能 ON
   
<観察例10>  
明るさ平均機能に白色V字型背景を追加するとさらに見やすくなります。
ドリルの刃先 (1)照明
FZ200HD2 標準 80灯LEDリング照明
(2)カメラ
FZ200HD2 標準 ハイビジョンカメラ
(3)背景色
白色のV字型背景
(4)オプション
無し
※明るさ平均機能 ON
   
※ハレーション抑制機能(明るさ平均機能(HDR機能))が付属しているCマウントカメラ
ハイビジョンカメラ  
USBメモリスロットル付
ハイビジョンカメラ
GR200HD2
 
   

テクニカルサポート


何でも辞典topへ戻る    ページトップへ戻る