HOME > マイクロスコープ何でも辞典 > USBカメラ何でも辞典 > コールバックで GoodFrameなのか BadFrameなのかを判別する方法は?

USBカメラ何でも辞典

知ってるようでじつは知らない?! マイクロスコープなんでも辞典


Question コールバックで GoodFrameなのか BadFrameなのかを判別する方法は?

対応機種

  • USB3.0カメラ
  • USB2.0カメラ
Answer

コールバック関数に引き渡される lBufferSizeパラメータで判別します。

 

long CALLBACK CallbackFunc(BYTE * pBuffer, long lBufferSize,PVOID pContext )

 

lBufferSize == 0 の時、BadFrame
lBufferSize != 0 の時、GoodFrame

 

pBufferで判別してはいけません。

 

pBuffer == NULL はフレーム用メモリが確保されていない意味で、
GoodFrame時は NULLにはなりませんが、BadFrame時は不定です。

 

 

※ BadFrame時にもコールバックを呼び出させるためには、以下のコードを
初期化等の適切な箇所で実行させなければなりません。

 

ICubeSDK_SetCamParameter( n, REG_CALLBACK_BR_FRAMES, ON );  //nはカメラ番号

 

最後のパラメータの ON が BadFrame時にもコールバックを呼び出す設定です。
OFF では GoodFrame時のみコールバックが呼び出されます。

 

テクニカルサポート


何でも辞典topへ戻る   ページトップへ戻る