マイクロスコープ何でも辞典

知ってるようでじつは知らない?! マイクロスコープなんでも辞典


Question 外部信号(トリガー信号)で映像を撮影する方法

Answer

USBカメラを使用時に外部信号(トリガー信号)で映像を静止画保存したいというご要望をいただくことがございます。

この場合、2つことを考えなければなりません。
(1)外部信号(トリガー信号)を待っている時(wait時)の画面をLive画面にするか、直近で保存した静止画映像を表示するか。
(2)トリガー端子のついているカメラを使うか、外部端子の無いカメラを使うか。


(1)
Live画面表示のメリットは、
常に映像を視認できることです。逆に保存された映像は自動的にしてフォルダに保存されて、そのフォルダにアクセスしないと、保存映像の確認がとれません。

直近で保存した映像の表示のメリットは
常に映像の保存がうまくいったかどうかを確認できます。

この違いは、Viewerソフトの機能の違いとなります。
お客様のカメラに付属されているSDK等でソフトを組まれる場合は、全く問題はありません。
アプリケーションソフトを購入される場合は、ソフトの仕様を確認されることをお薦めします。

弊社で販売している、トリガーソフトもwait時の表示画面の違いで2種類ございます。


Live画面表示
多画面表示トリガー保存ソフトウェア TriggerQ
http://www.shodensha-inc.co.jp/ja/triggerq/

直近の保存画面を表示
トリガーソフト TriggerF
http://www.shodensha-inc.co.jp/ja/triggerf/


(2)
USBカメラには、USBポートのみが付いているカメラとトリガー端子の付いているカメラがあります。

IO端子

<I/O端子の無いカメラ  真中は弊社のGRシリーズ>


IO端子

<I/O端子の有るカメラ 右は弊社のDNシリーズ>

トリガー端子が付いている場合は、付属のViewerソフトや上記でご紹介したソフトで簡単に保存ができます。

トリガー端子が付いていないカメラの場合は、付属しているViewerソフトの保存機能にショートカットキーが設定されていれば、可能です。

IO端子

上記のソフトであれば、Saveに“Ctr+S”のショートカットキーが設定されています。
この場合、下記のような市販のI/O Boxを使えば、ON/OFF信号を“Ctr+S”に変換して入力できます。
(下記は テクノツール株式会社様の「なんでもスイッチUSB」 )

なんでもスイッチUSB


なんでもスイッチ



テクニカルサポート


何でも辞典topへ戻る   ページトップへ戻る