マイクロスコープ何でも辞典

知ってるようでじつは知らない?! マイクロスコープなんでも辞典


Question ローリングシャッターとグローバルシャッターの違い

Answer

<ローリングシャッターとは>
ローリングシャッターは「ライン露光順次読み出し」とも言います。
1~数ラインを1つのラインブロックにして、このラインブロック毎の露光を上から下に順番に行って1つの映像にします。
ラインブロック内は同時タイミングですが、ラインブロック毎には時間差があります。

<グローバルシャッターとは>

グローバルシャッターは「同時露光一括読み出し」ともいいます。
全画素同時タイミングで映像を取得します。

実使用上での注意は下記の2点です。
(1)動いているものを撮影する時
(2)ストロボ照明を使う場合



下記の対象物を動かしながら撮影してみます。
 
   
グローバルシャッター(CCD) ローリングシャッター(CMOS)
グローバルシャッター ローリングシャッター
   

 



基本的にローリングシャッターはストロボ撮影には不向きです。
>映像の下方が暗くなる、もしくは映らない症状が出ます。

また、フリッカー現象が発生した場合、グローバルシャッターとローリングシャッターでは症状も異なります。
(「フリッカー現象とは」を御参照ください。)

ここまでの説明でローリングシャッターは不要だと感じられたでしょうか。
しかし、ローリングシャッターにはグローバルシャッターに比べて以下の優位性があります。
・製造コストが安い
・高解像度化が行いやすい

ローリングシャッターで問題になるのは動体・移動物を撮影する場合で、静止物を撮影する場合には問題がありません。

弊社では高解像度のカメラにローリングシャッター方式を採用して低価格化を実現しています。
もちろんグローバルシャッター方式のカメラも用意しています。
規格はUSB2.0、USB3 Vision、GigE Vision、UVC、ラインナップはカラー、モノクロ、ボードカメラタイプと豊富に取り揃えています。
無料デモ機も用意しています。
お気軽にご依頼下さい。



USB3.0カメラ   USB3 Visionカメラ
     
USB2.0カメラ   USB2.0カメラ


参考にまでにYoutube等で「ローリングシャッター」と検索してみてください。

ローリングシャッターの面白い動画が色々とアップロードされています。



テクニカルサポート

何でも辞典topへ戻る    ページトップへ戻る