マイクロスコープ何でも辞典

知ってるようでじつは知らない?! マイクロスコープなんでも辞典


Question 長距離拡大鏡

Answer

長距離のマイクロスコープは弊社でも取扱いがあります。
長距離USBマイクロスコープ LRA500PC-2E/2S を御参照ください。)

ここでは、目視に使う単眼長距離拡大鏡をご紹介します。

機械の隙間等から中を確認する場合、30cm~60cmの距離を確保しながら対象物を拡大して確認(目視)したい場合があります。
こういう場合に便利なのがリアルスコープまたはギャラリースコープと呼ばれているものです。

リアルスコープ

もともとは、数m離れたところから美術館や博物館の展示物等を拡大して観る場合に使うものです。
この中には焦点距離が30cm程度~無限大というものもあります。

これに、弊社の長距離スポット照明を組み合わせれば、下記のようなことができます。

リアルスコープ 左の写真は Kenkoの「8×20」というリアルスコープと弊社の長距離スポット照明LED-ZL3Wを組み合わせています。

実際に確認してみると
焦点距離 30cmで約10倍(φ2cmの視野)
焦点距離 60cmで約5倍(φ4cmの視野)
 となりました。
   
リアルスコープ レンズ側に焦点調整ダイヤルがあるのも便利です。
   
観察箇所がさらに狭い、隙間等であれば、下記のような超極細のファイバー照明を 隙間にいれて、長距離拡大鏡で離れたところから観察する方法もあります。
ファイバー照明 ファイバー照明
   

テクニカルサポート


何でも辞典topへ戻る    ページトップへ戻る