マイクロスコープ何でも辞典

知ってるようでじつは知らない?! マイクロスコープなんでも辞典


Question カメラの固定方法

Answer

ほとんどのカメラの取付けネジは三脚のネジと統一されています。
「カメラねじ」、「三脚ねじ」 と呼ばれています。
メーカーによる違い、カメラの種類による違いというのはほとんどありません。

この普通に使えるネジのサイズは、1/4-20UNC(1/4インチ並目)です。
ネジ直径は約6mmです。
一眼レフカメラ、小型デジカメ、監視用カメラ、FA用カメラ 等で違いはありません。
下写真で示す取付けネジは全て同じサイズです。

三脚穴

但し、少ないながら大型カメラや古いカメラでは3/8-16UNC(3/8インチ並目)の場合もあります。ネジ直径は約9mmです。

勿論、カメラの固定にはネジを用意してもいいのですが、民生、産業ともに固定具も色々と販売されています。
角度を変える等の機能もあるので、既成品を使うのも1つの方法です。

カメラ用の規格ネジですので市販のカメラ用品(三脚、雲台等)を使うことができます。
1/4インチ ⇔ 3/8インチの変換ネジは色々と市販されているので、ネジ径が違っても三脚等の固定具は使うことができます。


雲台 雲台


・民生品のカメラ固定具の例
下記は株式会社LPL様のカタログの1部です。

カメラの固定方法

カメラの固定方法


・産業用のカメラ固定具の例
下記は株式会社エス・エフ・シー様のカタログの1部です。

カメラの固定方法


また、レンズが長く重量が有る場合は、レンズ側をホールドする場合もあります。
(弊社のマイクロスコープ用レンズは、全てφ50mm(固定部)となります。)

雲台

レンズホールド  

テクニカルサポートデスク


何でも辞典topへ戻る    ページトップへ戻る