マイクロスコープ何でも辞典

知ってるようでじつは知らない?! マイクロスコープなんでも辞典


Question ボアスコープの耐熱仕様について

Answer

耐熱ボアスコープは
150℃を超えると冷却装置が必要となり、完全なカスタム品となります。
冷却装置が不要なものであれば、150℃程度まではあります。
これであれば、追加装置等も不要ですので簡単に導入できます。

耐熱ボアスコープ

それ以上になると、別途冷却装置が必要となります。1800℃程度までは対応可能です。
但し、冷却装置等の付属装置も必要となりますので、完全にカスタム品となります。

耐熱ボアスコープ

これはあくまで、目安となり、下記の2点を示しています。
・φ5.5またはφ4mmのボアスコープに冷却筐体を取付けて φ14mm程度になります。
・800℃では最長1000mmとなります。それ以下でご指定をいただき製作します。


耐熱ボアスコープ   注水口、排水口もどこに付けるかはお客様のご希望で変わります。

カメラタイプか直接観察かもお客様のご希望の仕様にいたします。
     
耐熱ボアスコープ


参考:特注・耐熱スコープの価格
(価格は諸条件で決まるので、あくまで目安とお考えください)

耐熱ボアスコープ
※クリックすると画像が大きくなります。

オプションについて
通常のボアスコープは照明がついてておりますが、カスタムの場合、照明はオプションとなります。
環境の悪い場所では、先端が汚れないようにエアーパージュを取付ることも
できます。(エアークリーナーと呼んでいます。)

耐熱ボアスコープのご質問、お見積もり依頼はこちらから承っております。
下記の仕様書にご記入の上、メールもしくはFAXにて弊社までお送りください。
E-mail:sds@shodensha-inc.co.jp
FAX : 06-6364-3311

PDFでのお見積もりお問い合わせフォーマット
Wordでのお見積もりお問い合わせフォーマット
※耐熱ボアスコープはすべて受注生産のため、申し訳ございませんがデモ機のご用意はございません。ご了承ください。


テクニカルサポート


何でも辞典topへ戻る    ページトップへ戻る