Home

マイクロスコープ専門サイトのスタッフブログ

USBマイクロスコープ!

こんにちは、今回は、パソコンに接続する際に様々な機能が使え、データ保存も容易といわれる「長距離USBマイクロスコープ」をメインにご紹介します。

 

●長距離USBマイクロスコープLRA500PC-2E

【223,000円(税抜)】

(エッジ固定タイプ)

●長距離USBマイクロスコープLRA500PC-2S

【197,000円(税抜)】

(スタンドタイプ)

 

・低価格の長距離マイクロスコープ。

・400mmの長作動距離から観察可能。

・驚異のロングレンジ。

観察視野を妨げることなく、対象物を観ることができる為様々なレイアウトが可能です。

〈カメラ仕様〉

撮像素子:1/2.5″CMOS

画素数:500万画素

解像度:2048×1536時 6fps、1024×768時 15fps

接続:USB2.0

 

〈動作距離400mmに設定〉

倍率:3倍-30倍

視野範囲:113.0mmx85.0mm(3倍時)、12.0mmx9.0mm(30倍時)

 

〈動作距離300mmに設定〉

倍率:4倍-40倍

視野範囲:81.0mmx61.0mm(4倍時)、8.1mmx6.1mm(40倍時)

 

〈動作距離200mmに設定〉

倍率:6倍-60倍

視野範囲:52.5mmx39.5mm(6倍時)、5.2mmx3.9mm(60倍時)

 

〈動作環境〉

対応OS :Windows XP, Vista, 7, 8, 10

CPU :Intel Pentium 4以上

メモリ:512MB以上

 

ご不明の点を含め、どのようなご質問でもお気軽にお問い合わせください。



 

マスター画像との形状一致度・指定色検出ソフトウェア

皆さんこんにちは! 今回は、画像検査/外観検査ソフトについてご紹介します。

 

現代の一般相場からみて超低価格、【89,000円】で自動外観検査!

ごく簡単設定の画像検査ソフト!

 

~画像検査・外観検査ソフト EI100とは?~

市販の汎用USBカメラが使用可能な簡単操作、低価格の画像検査ソフトです。

ユーザーはこの外観検査ソフトをインストールして市販のWebカメラ、USBカメラ等を接続するだけです。低価格で簡単に画像検査システムを構築できます。

 

EI100は良品画像をマスター画像として登録されました!

検査画像と形、色、位置が異なった部分を検出します。

画像の自動保存(合格画像/不合格画像を選択)が可能です。

 

〈簡単設定〉

・マスター画像の登録、検査部分を枠で指定、検査開始シンプルステップ。

・画像位置合せや照合レベルの設定など堅牢な検査の為の機能を搭載。

・外部プログラムからの制御や遠隔制御に対応。

 

〈検出精度〉

●検査領域 10cmX7.5cm設定の場合の異物検出

●0.16mm(例:ペレット、粉状の中に紛れた異物、シートの穴、しわ等)

●検査領域 10cmX7.5cm設定の場合の位置ズレ検出

●0.35mm(穴、印刷、電子部品の位置ズレ等)

〈動作環境〉

●USBカメラ: DirectShow対応カメラ

(映像フォーマット:RGB24 YUY2  解像度:640X480対応)

●WindowsXP、Vista、7 (DirectX 9以上がインストール済みの事)

RAM:512MB以上

●CPU:Pentium III 2.0GHz以上

●HDD空き容量:100MB (画像を保存する場合にはより多くの容量が必要になります)

 

このようなご要望に当てはまるお客様に広くご利用いただいております!

●ややこしい操作が苦手

●安価で本格的な自動外観検査を探している。

●何から始めたらいいか分からない 等

 

ご不明の点を含め、どのようなご質問でもお気軽にお問い合わせください。


 

高精細・精密を奏でた次世代のマイクロスコープ到来

高性能・精密と聞けば、やはり「高価!」という2文字が頭をよぎるものです。

ですが、その高性能・精密をはじめ、高品質を求めた新商品が、安価で市販されていればどうでしょうか?

 

弊社では市販相場でも「高品質・高性能・精密を保つ新製品でも、安価!」をモットーに、実に多くの製品の製造をはじめ、さまざまな用途に対応できる「新分野に求められる製品」の開発に向けて尽力して参りました。

 

このモットーと成果、また実績に伴う今後のビジョンの展開においては、他社に引けを取らないのでは?と自負しております。

 

「高精細デジタルマイクロスコープ」や「簡易型デジタルマイクロスコープ」を皮切りに、いろいろなサンプルを駆使して「新しい分野に対抗できる実践的な製品」を、多くのニーズに対応させながら、今後のIT世界へ向けて反映させていこうと心得ております。

 

「マイクロスコープと言えば弊社!」と言って頂けるような膨大な成果と信頼を、日頃の地道な成果をもって組み立てていこうと尽力していきたいと思います。

 

ぜひ、「新しい製品が見たい!」「いろんな用途に使い分けられる新分野の製品を使いたい!」と思われる方は、弊社にお気軽にご相談頂き、今後の発展へ向けて頂ければと思います。



 

USBケーブルについて

今回は、今では当たり前に流行しているUSBケーブルの利点や、USBそのものの成果などについてお伝えします。

 

USBといえばその利点は「1つのモデムやPC(パソコン)に置いてあるデータを、そのまま別のコンピューター、つまりPCや、そのPCのオプションツールに反映させることができる」という点にあり、その利点というより効用は、今では様々な分野において活用されています。

 

この利点について、現代のコンピューター製作会社をはじめ、どれほどのアプリ会社に考案され、案出され続けているのか?

この課題は今後においても変わることなく、アプリケーションやコンピューター機器を扱う「現代」が進むにつれて、多大のニーズが要求され続けることでしょう。

 

USBというのはそもそも、

「Universal Serial Bus」

の略称で、普遍的に幾つもの情報が複数のコンピューターによって制御・統括することができる、媒体的なモデムを意味します。

このモデムの種類も、現代をおいては実に様々なものがあり、それぞれ個別の用途によって使い分けられ、またその用途も、現代のIT社会から生まれる多岐にわたっています。

 

スマートフォンやタブレット(端末を含む)をはじめ、ハードディスク、デジタルカメラ、MacBook(2015年モデル等)の使用と流用において、このUSBの成果は世界に轟くほどに求められています。



 

Home

  • smootharm 歯科技工使用アーム付顕微鏡
  • マイクロスコープ何でも辞典
  • スタッフブログ―最新情報をお届けします
  • thailand
検索
フィード
メタ情報

Return to page top