Home > アーカイブ > 2016-05

2016-05

直径7ミリの細型USBデジタルスコープ

この製品は、直径7ミリの細型カメラを備えたデジタルスコープで、長さ5メートルのケーブルを付属したモデルだ。先端にはLEDライトも備えており、コントローラで光量の調節も行える。

photo

    「DN-13628」

でもどのような用途で使えば良いのでしょうか!

photo こんな感じ

なるほど、わかりました。そういえば家具の隙間や棚の下などに探していた小物が落ちていることはよくあります。

昔は引っ越しや模様替えの時などに、家具を持ち上げてみて「びっくり!」ということもありました。

なお、ゴミが見つかった時にはおそうじタイムです。

お肌チェックに役立つ

皮膚や頭皮などの拡大画像をパソコン画面で確認できるマイクロスコープ「USBマイクロスコープビューティカメラ」(型番:DN-YCM-BeautyCamera)が販売開始さrました。価格は3,999円。

同製品は、マジックペンのように持つことができ、200万画素CMOSセンサー搭載レンズと8灯の白色LEDライトを先端に備えたマイクロスコープ。付属のUSBケーブルでパソコンにつなぎ、レンズに映る様子をパソコン画面で見ることが可能。4倍のデジタルズームに対応する。

肌のチェックに役立つソフトを付属しており、パソコンにインストールすることで、マイクロスコープに映る様子を静止画/動画で保存することが可能。7つのカテゴリで肌の状態を分析する機能も装備し、肌の色をカラーチャートで表示するほか、肌の色素/皮脂量/ケラチン量をはじめ毛穴の密度/毛穴の大きさなどを分析。その結果をグラフ化してワード出力することもできる。

また、シミや吹き出物などの肌の状態を色分けしたり、立体画像で示したりする機能も装備。その状態をキャプチャ画像で保存し、日付や備考付きで複数日数分を記録することで、経過観察を行なうことも可能。対応OSはWindows 7/Vista/XP、本体サイズは径25×長さ120mm、重さは約30g。

レンズに映る様子をパソコン画面に表示するイメージ 付属ソフトで肌色を識別しカラーチャートに表示するイメージ

映画にもマイクロスコープ

今回新しい某有名海外映画で動物を使った映画が公開されました。

この映画で特に意識したところの中に動物の毛並みまで研究されて作られたそうです。

64種類の動物たちの毛を1つ1つマイクロスコープで徹底的に研究し、それを作品に反映しているそうです。

例えば、シロクマの毛は普段は透明だけど日光に当たると白くなるとか、キツネの毛は根元が暗いとか、

ヒツジの毛には葉っぱが紛れ込んでいてちょっと汚いとかすべてをリアルに表現されていてこだわりのある映画になっているそうです。

映画の世界にもマイクロスコープが使われていて細かい丁寧な仕事をするにはここまで研究して作られていくのだと思いました。

皆さんも機会があれば某有名海外映画をご覧になってはいかがでしょうか?

Home > アーカイブ > 2016-05

  • smootharm 歯科技工使用アーム付顕微鏡
  • マイクロスコープ何でも辞典
  • スタッフブログ―最新情報をお届けします
  • thailand
検索
フィード
メタ情報

Return to page top