Home > アーカイブ > 2016-04

2016-04

高倍率Wi-Fiワイヤレスマイクロスコープ

・タブレットやスマホで観察画面を確認可能
・カメラ本体に付属のマイクロSDカードに画像保存可能(動画:MP4(H.264+AAC)/静止画:JPEG)
・光学6倍比ズームレンズ搭載でトータル倍率40倍~240倍
・目盛ごとにロックするラッチ機能付ズームレンズ(作業者による誤差がなくなるため計測に向いています。)
・0.75倍、1.5倍、2.0倍補助レンズをご用意(別売)
・焦点距離95mm一定
・解像度:2092×1640
・外部インターフェイス:USB(MicroB ※データ移動のみ)、HDMI(MicroD)
・内蔵バッテリーを使用した場合の連続撮影可能時間は約1時間45分となります
※撮影可能時間は撮影環境により短くなることがあります。
デジタル顕微鏡 スマホやタブレットで観察や保存もできるのでおすすめです。詳しくはテクニカルサポートもございますのでお気軽にお問合せ下さい。

200倍USBマイクロスコープ

レンズをあてた物を、倍率200倍で見られるマイクロスコープが新発売されたそうです。

拡大映像は、WindowsPCのモニターで確認可能。画像や動画に記録することもでき、毎日の頭皮や肌チェック、小さな生き物や植物の観察、宝飾品やアクセサリーの傷チェック、PCパーツなど精密機器の状態確認など、様々な用途に活用できる。子どもの自由研究にも活躍するだろう。

マイクロスコープは長時間持ち続けても疲れない軽さ。専用のスタンドに装着すれば、定点観測・撮影にも活用でき、スタンドは左右360度、前後180度に角度調整が可能です。

先端には4灯のLEDライトを搭載。暗い場所でも照らして見ることができます。取っ手の後ろについているダイヤルを回すと、ピント調節が可能。より鮮明な状態で観察・撮影ができ、マイクロスコープの映像確認や、画像・動画の撮影は、WindowsPC用の専用ソフトウェアを使って行う。

さあ、なんでも拡大してみましょう!

マイクロスコープで定期健診

自覚症状が少ないため、中々気づきにくく、痛みが出たときは、歯を抜かなければならないケースが多い『歯周病』。50代以上の約半数が歯周病と言われるほど多い症状なのに、見過ごされがちです。

 

歯周病の多くは原因となる歯垢と歯石を除去することで、予防することができるようです。

 

拡大鏡やマイクロスコープでの丁寧な診察を受ければ、口の中を写真で撮影してその状態をデータ化、グラフや表にして判りやすく説明してもらえます。よって個々の患者の状態に合った治療を施すこともできるのです。

 

万が一、歯周病が悪化して、外科的手術が必要になってしまった場合でも、そのリスクやメリットを事前に知られてくれ、治療してくれます。

 

最悪のケースにならないためにも年に2、3回の定期検診をお勧めします。

貼りつけるだけ?

スマートフォンに貼り付けて使用する「スマホ用マイクロスコープ」が発売されました。

小さな文字や写真の一部といった、気になる箇所を拡大表示できるスマートフォン用のマイクロスコープ。レンズ部分に貼り付けて使用するお手軽なモデルで、印刷のドットや布素材の織目、製品の縫製のような、肉眼では見えない細部をチェックできるようです。

粘着テープでレンズ部分に貼り付ける仕様で、カバーを展開した内部の吸着部分があらかじめ粘着テープになっており、もし吸着力が弱くなった場合でも、テープを交換することで吸着性能を維持できるという、簡単な仕組みになっている。

なお、貼り付けるだけという手軽さが魅力の反面、スマートフォンの形状によっては端末本体に密着できない場合があるので注意が必要です。

Home > アーカイブ > 2016-04

  • smootharm 歯科技工使用アーム付顕微鏡
  • マイクロスコープ何でも辞典
  • スタッフブログ―最新情報をお届けします
  • thailand
検索
フィード
メタ情報

Return to page top