Home > アーカイブ > 2016-02

2016-02

クリップ固定式

スマートフォンに装着できるマイクロスコープに新モデルが登場、サンコーから「60-100倍クリップ式 なんでもスマホマイクロスコープ(STMCRO3K)」が発売されました。


この製品は、スマートフォンのカメラ部分にクリップで固定できるマイクロスコープ。これなら汎用性が高いですね!

倍率やフォーカスは本体に備えたダイヤルで調整する仕組み。このほか、本体にLEDライトを備えています。

マイクロスコープが一段と身近になりました。どのような事に使用されるのでしょうか?

それはあなたの応用力次第!

ミクロの世界をスマートフォンで

スマートフォンなどにクリップで装着して使う「なんでもスマフォマイクロスコープ」が発売されました。ケースを付けた状態でも、ほとんどのスマートフォンやタブレットに装着できるということです。ダイヤルで倍率を60倍から100倍に変更できます。

同商品の最高倍率である100倍は、ミジンコもくっきり見られる倍率だという。スマートフォンのカメラを使用するので、高倍率の動画を撮影することも可能です。

また、高倍率でも見え方が暗くならないように、本体の先端部に LED ライトが付いています。ライトには LR1130 のボタン電池が3つ必要です。

ところで、どんな使い方があるのでしょう?それは、あなたのアイデア次第!

テック、HDMIでテレビ出力できる顕微鏡。

テックは、HDMIでテレビに出力できる顕微鏡「HidemicronFHD」を2月15日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は29,800円前後。

テレビや液晶ディスプレイなどにHDMIで映像出力できる顕微鏡(マイクロスコープ)。microSDカードスロットも備えており、別売のmicroSDカードへのJPEG静止画記録も可能となっている。プレビュー最大解像度は1,920×1,080ドット、静止画の保存解像度は最大2,304×1,296ドット。

イメージセンサーは3メガピクセル。光学ズームは最大220倍、フレームレートは30fpsで、シャッタースピードは1秒~1/1,000秒(オート)。8つのLEDも備えている。インターバル撮影に対応し、秒単位での連続静止画保存も可能。1~999秒単位で、最大999枚までの連続撮影が行なえる。

HDMI端子はHDMIミニで、3mのHDMIケーブルが付属。電源はUSB経由で給電し、USB-ACアダプタが付属する。外形寸法は44×155mm(幅×高さ)、重量は約82g。HDMIケーブルや3mのUSBケーブル、スタンド、スケーラーが付属する。



 

歯科治療でよくある質問

マイクロスコープで歯科治療を行う場合の「よくある質問」をご紹介!

Q1.どんな治療に有効ですか?

マイクロスコープを使用すると歯の状態を拡大し、かつ鮮明に観察することができますので、根管治療をはじめ、歯周病治療、虫歯治療、審美歯科、マイクロサージェリー、インプラント、かみあわせ治療など、より精度が求められる治療にとても有効です。

Q2.マイクロスコープでの診療は高額になるのでは?

マイクロスコープを使用した治療は保険外適用となっているため、通常の保険診療と比べると高額になります。しかし、マイクロスコープを使用することで、症状を迅速に判断し、正確な治療を行うことができるため、再発リスクを防ぐことが可能になりますので、将来的にはメリットのある料金体系になっていると考えます。

Q3.マイクロスコープにデメリットはありますか?

マイクロスコープは立体感や奥行きが分かりづらく、いろいろな方向から見る必要があるため、一定以上の医師の技術力が求められます。国内でも、マイクロスコープを使用できる医師は限られています。

目覚ましい進化を遂げているマイクロスコープですが、価格面など課題もあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Home > アーカイブ > 2016-02

  • smootharm 歯科技工使用アーム付顕微鏡
  • マイクロスコープ何でも辞典
  • スタッフブログ―最新情報をお届けします
  • thailand
検索
フィード
メタ情報

Return to page top